燃料を扱う業者が行っている!緊急時のBCP対策とは?

優遇先を予め契約するサービスを設けている

災害時は、多くの方が同じ災害に遭っているため、必要な燃料を少なくても同じ平等に分け与えろ!と思われている方もいらしゃるかもしれません。世の中は、それほど甘くはありません。燃料を取り扱っている業者の中には、BCP対策として燃料の確保を行い、災害時に優先的に引き渡すサービスを設けている場合もあるのです。少ない燃料を平等に分け与えてもらっても、その少ない燃料で事業を継続できない可能性もありますよね。燃料を取り扱っている業者は、普通の時に販売したくても販売せずに我慢をして確保し続けているのです。

災害に強い場所での保管

燃料タンクを工場内などに設ける場合は、危険物取扱者も必要になりまして、人材の確保など容易ではありません。燃料を専門的に取り扱っている業者は、必ず危険物取扱者として資格を持ち合わせています。燃料を保管する場所は、出来るだけ安全な場所が望ましく、災害に強い場所で確保している場合がほとんどですよ。そもそも、災害時に燃料タンクに不備が生じれば、せっかく確保していた燃料が扱えない可能性もありますよね。BCP対策のサービスを提供している業者の中には、各地に確保のためのタンクを設けていまして、たとえ一箇所で利用できなくても別の場所から調達出来る仕組みを持ち合わせていますよ。

緊急通行車両等の申請を行っている場合もある

たとえ燃料に問題は無くても、交通などの規制によって現地まで調達できない可能性もありますよね。BCP対策を提供している業者の中には、緊急時の専用車両として、調達出来る場合もあるのです。申請すれば、誰にでも認可がもらえる許可書ではありませんよ。災害時には、いつまで規制がかかるか分かりませんよね。大きな災害であれば、数ヶ月規制がかかる可能性もありますよ。たとえ、自社で確保していても、燃料が底をついてしまう可能性もあるでしょう。燃料におけるBCP対策を行う場合は、出来るだけ確保しやすい専門の業者と予め契約しておく方が無難ですよね。

最近は、人件費の安い中国や東南アジアで業務を行っている企業も多いですが、BCP対策をきちんとたてておく必要があります。