なかなか妊娠しない人は、一度婦人科へいこう

不妊の定義とはなにか

不妊症とは、健康的な男女が一年間子供をつくる行為をしても授からない場合を不妊症としています。数年前まではこの期間が二年でしたが、年々不妊症患者が増加しているため、この期間を最近一年に引き下げました。原因は様々なのですが、目立って多いのが晩婚による初産の平均年齢が上がったことです。年齢が上がるにつれ、卵子の老化や精子の運動率の低下や奇形率の増加があります。そのため、早めの不妊治療を行うことで妊娠率が上がるからです。

まずは基礎体温を測りましょう

不妊治療をする際にまず基礎となるのが、基礎体温です。基礎体温とは、起きてすぐの体温のことで、健康的な人は低温期と高温期のにそうになりますが、何らかの疾患がありますと、ガタガタになったり体温が二層にならずに一定の場合があります。それを見極めるために基礎体温はとても重要になります。最低でも3ヶ月、毎日しっかりと測ったものを持っていく必要がありますので、気になっている人は病院へ行く前に基礎体温を測りましょう。

女性だけではなく男性も検査をしましょう

昔は子供ができないと女性に原因があると言われてきましたが、実は最近では男性に原因がある人がとても多いです。精子がいなかったり動いていない、動いていても活動量が低く奇形率も高いなど様々です。結婚して子作りをして一年も授からない場合は、女性だけではなく男性も一緒に検査を受け、なにか問題があった場合は一緒に治療に取り組むなど、二人で力を合わせて治療を乗り越えれば、パートナーとの絆も深まります。望んでいる人は早めに検査をしましょう。

巣鴨の婦人科に通院をすることで、様々な疾患の早期の治療に取り掛かることが出来、健康増進につながります。