がん先端治療の遺伝子治療てどんな治療なの?

遺伝子を正常に導く治療たんぱくを投与する治療です

遺伝子治療とは、すべての癌は遺伝子の異常や血管が関係しています。ほとんど癌細胞が抑制遺伝子が正常に機能していません。このような癌細胞に遺伝子を正常に導く治療たんぱくを投与するすることで、がんの無限増殖をストップ自然な細胞死を迎えさせる治療を遺伝子治療と言います。すごい治療がありますよね?遺伝子治療はほとんど治療不可能でであった末期がんにも効果を発します。何よりすごいのは副作用がほとんどないことです患者さんの負担を軽減する治療です。

予防効果もある遺伝子治療

通常がんと診断されるまでは手術や放射線抗がん剤治療はできません。部位が特定できないと手術や放射線治療は不可能ですし、副作用が強烈な抗がん剤を、闇雲に使用することはできないからです。しかし遺伝子治療は癌になる前に予防的に治療することは可能です。すごい治療法ですね?副作用を伴わなくて全身に効果を発揮するので部位が特定できなくても問題ありません。癌の症状が出た時はかなり進行している状態になっている場合が多く、予防効果のある免疫療法は患者さんの負担を少なくる最先端な治療といえます。

がん先端治療は日々進化しています

がんの先端治療、遺伝子治療、免疫治療、複合治療など癌治療も標準治療だけでなく新しい治療法が日々開発されています。今後IPS活用した最新治療なども期待されています。患者さんにとっては現在の最先端の治療で治らなかっても来年にはまた新たな治療法が発見されたり、現状の先端治療が進化して完治する割合がアップする可能性が高く、治療を諦めないで続けることが大切になってきています。それほど進化のスピードが速い分野であることを認識して希望をもって治療に取り組むことが大切ですよね!

がんは今や二人に一人はかかると言われています。その治療法は標準的な三大治療と言われるものから、様々ながん先端治療まで、多くの選択肢が広がり、患者が選べる時代になってきています。