古代エジプトから伝わる美の力!?金の糸で若返る!

金の糸を入れることで美人に?

金の糸美容術とは、顔に純金で出来た糸を埋め込むことで、免疫細胞の反応を意図的に引き起こす方法のことです。美容外科クリニックによっては、別の名前で呼ばれることもありますよね。どうして純金の糸を使うの?と思うかもしれませんが、金を使用した美容法は古代エジプトではすでに行われていたんですよ。金の糸を顔に埋め込む治療法が確立したのは90年代になってからですから、それなりに歴史がある方法だということが分かりますね。

若くなるメカニズム!

金の糸を皮膚に埋め込むと、免疫細胞が体内に侵入してきたことを確認します。その結果、免疫細胞の運搬を行う毛細血管がどんどん伸びていき、体内のダメージを回復させようとします。それと同時に、細胞の増殖も促進されます。ダメージを修復させる作用を利用すると聞くと、不安に感じるかもしれませんが、金そのものは金属アレルギーも起こりにくい物質として知られています。やがて線維芽細胞が活性化することで、エラスチンやコラーゲンが増量していきますよ。

効果が出始める時期は

金の糸は一回入れてしまえば、取り出さない限り効果が半永久的に続くと言われています。メスを使わなくても糸は挿入できますから、手術後のダウンタイムが嫌な人にもいいですね。糸を入れてから数十年経過するころには、同年代の人と比べて顔が老けていないなんてことも。肌に弾力が復活してくるのは、大体施術後から三か月後から半年後くらいだとされています。リフトアップ効果も同じ時期から実感することができますよ。見た目年齢が大分低下しますね。

クリトリス包茎は、女性器のクリトリスが包皮で覆われている状態です。このような症状は、清潔にしないと垢が溜まったり臭いの原因になりますが、簡単な手術によって治すことができるので、悩む必要はありません。